top of page

酒の花が咲く

酒は酒でもモノが違う、先日古酒を数本戴きまして。 飲まずに保存をと思案しつつ。  飲んで見なければ話にならずと、誘惑に負けて。 一口飲んでは躊躇いながら、じっくりと味わう。所謂酒ではない、口当たりが好い。  まろやか、コクがある。 此れはタマラナイ、今日はこれまで、  欲張らずに明日に取って置くことに。

昭和62年醸造、今から37年も前の酒。 半月前に飲んだ、10年前の酒とは比べ物にならない。 味わい深い飲み口、タマラナイ。

 工房の外は花見酒、時季ともに若芽が芽生えて、新緑になる処。 20年前の小学校の体験学習で、お世話に成った先生が工房に来て下さいまして。 花を活けて戴きました。  今は生け花の先生をしていると。

 外は桜が満開、野鳥も花見?

 工房の草木の新芽が芽生えてきました。

 お陰様で好きな蘇芳で満足です。

 今日も古酒で乾杯です。



閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page