top of page

頭で考える事と、現実の違い。


 首下が90㎜位の鑿を、考えていましたが、2丁作る事に。  木工旋盤の刃物を作り始めたことから、鏝(こて)のみにチャレンジ。 だが難しいー。  


 平成の初めに小信に頼んだ鏝のみの様なスタイルには程遠い。 当たり前だけれども

 首下が90㎜と80㎜位が2丁、柄を挿げる部分は、グラインダーで細く削る。 焼き入れが済みこれから焼きなましに掛かる。  研ぐと刃物の切れ味が分かるので、明日が楽しみ。 鋼を鍛える時炉に炭を使いますが、

 昔の話を頼りに親せきに電話をした処、今でも炭を焼いているとの事。 楢の炭をまとめて買う事が出来ました。  炉の形を工夫して火力が強くなり、今迄より早く炉の温度が上がりました。 この炭を細かにコツコツ切ります。

一番つまらない作業ですが、意外と大切な仕事です。


 試行錯誤の鏝のみの制作


刃の裏刃を少し丸みを付けてコツコツ木を削る作業に使います。 此れから形を整えて柄すげる作業にかかる事に。 何時頃使えるのやら、まだまだ先になる様な。

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page