top of page

長年受け継がれて

 暮らしの中に受け継がれてきた和箪笥。 昭和の初期の暮らしの中では、家具と言えば和家具の時代。  中でも桐箪笥は衣類の収納には必需品。 娘が生まれると、桐の木を植える様にと言われていた時代 娘が年頃になる頃には、成長の早い桐の木が育ち

嫁入り道具に桐箪笥を持たせる親心から盛んになりました。

 時代を経過した桐箪笥の修復に携わり

痛みの激しい処を切り取り、 桐の木で補足。 薄い部分を厚く、強度を上げる。

 桐の木を剥ぎ合わせる時に、続飯(そくい)と呼ぶ、ご飯を練り水を加えたノリを用います。 このノリを木と木の接着に使いますが、其のノリが乾燥すると虫悔いの原因として修復の妨げにまります。

この虫食いを取り除き、新たに補足

 傷んだ部分や、強度不足を補いまた数十年長持ちするように修復します。

 

 引き出しの底板も新たに制作して、底板を、ウツギで打ち付けて行きます。

空木の釘は今では全部手作りで。 木の伐採から、細かく小割して、1本ずつ削り出して。 小刀や鑿など作り手のこだわりが出てきます。  桐の箪笥が組上がり、引き出しの仕込み。


 古い金具を再生して、漆で焼き付け。 金箔の箔押しなどに取り組んでいます。





桐箪笥の完成の前に金具の確認。  桐の仕上げに取組み

 桐箪笥の完成間近

桐箪笥の修復で色々参考に成りました。



閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page