top of page

里山に紅葉と山の幸

 毎朝のマルの散歩コース、里山の道の両側に、栗が落ちている。 今迄は小粒な栗の実が今年は大きな実が豊作なのだろうか。

 工房のマーチャント二人で両側のポケットに栗を沢山拾った。

 初めは少しでも例年よりは粒が大きい。 二日目は更に多くの栗が、ズボンのポケットや、上着のポケットにも。

 三日目はまたまた多い、小さなチタケが3本ちょこっと出ていました。 お陰様で山の幸を堪能しています。  山の中で栗の実の食べ後を見つけ細い歯型、ネズミだろうか、リスなのか気に成りましたが、番犬のマルは一向に気にせず、栗拾いの間、待ての号令で引綱を放しても待っている。  人間様はやぶ蚊に刺されながら、大の大人が二人山の中で栗拾いに夢中、早朝の工房の一コマでした。



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page