top of page

無垢の板を江戸時代の鋸で挽く


 歯が切れる様に鑢で目立てをします。

 いよいよ前挽大鋸で桑の無垢板を挽くことに。 巾1尺5寸、長さ三尺5寸、厚み2寸しっかり固定して挽き始めました。

 久しぶりに格闘初めは自分で挽くことに、サー何処まで挽けるか。

アサリの振出が大きいので挽く手に力が入ります。

明日は疲れて寝込んでいるのか見もの。


閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page