top of page

此れから制作に取り掛かります

 このスタイルからどの様に変るでしょうか。

その前に器のご紹介。

 先週器を戴きました。 高内秀剛さんの陶磁器。

 ここに何を盛ると引き立つか。 今木工旋盤で挽こうとしているモノはどんなスタイルに仕上げるか。

 色々検討中。

 檜の寄木や広葉樹と色々組み合わせています。

 此れから色々なスタイルに挑戦してゆきます。

 時には珍客が、事務室に黒い蝶が訪れてきました。

 春爛漫気候も良し、花に吊られてでしょうか。

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page