top of page

掴んだら放さない

革は厚みが均等になとは限らないかも。 厚みが有ると左右不揃いになるかも。 そんな不安を抱えながら革の縫製のクランプの制作に。


木のハンドルでは締め付けの力が弱いので、スチールのバーで締め付けると。意外と楽に締まりました。 此れでは女性も扱いが良いのでは。

針休めのマグネットも両側にセット。 チョト強力です。 初めはこの様なスタイルを考えていましたが。



革を挟むときに、革の厚みが不揃いの事を考えると。 クランプの力が強い要望がでる。


クランプの締め付けるバーを溶接で作り。 試行錯誤の初めての溶接にチャレンジ。 まー綺麗には行きませんが。 締め付ける強度は確保できた様です。 このバー2度目の溶接、昨日よりは綺麗に❓自己満足。



作業台の固定する金具は工業用の部品を用いて、可成りの重量の耐えることが出来ます。 問題は使い勝手がいいかが大切ですが。 果たしてどうでしょうか。


閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page