top of page

御蔵島の古木

 ひし形の丸い穴が空、長さが2尺足らず。 太さが3寸にも満たない。 漆の仕事に取り掛かるたびに眺めていたが。 20年ほど経過した時に。 桑の木の曲がりを活かすことが出来ないか。    茶道や、香道に使う香棚に活かすことが出来ないか。

今回この横長の虫食いの穴を活かして。 しかし左側に虫食いが有る。    左前から右奥にかけて穴が貫通。 禅宗では穴やマルを色々な事に解釈を。  この穴を最大に活かして香棚を制作する事に。  棚板も倉庫を掻きまわして。 御蔵島の杢目を。  熱が掛からない様に古い前挽大鋸で2日掛かりで3枚に挽き。    先代の頃には、木挽きの叔父さんが来て、この位の桑の木なら半日も掛からずに挽いていた。  

何とか形に組み  傷んだ部分を補強しながら。 桑の木は強い。  

 桑の木に教えられることばかり。 まだまだ未熟と。  除湿乾燥  今回の御蔵島の桑の棚板。 木が落ち着くまでに、2年も掛かる。    

此れから仕上げ。  何時ものモノ作りよりは、学ぶことが多く。 まだまだ未熟と痛感する事ばかりです。


閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page