top of page

出来ないと諦めていた

 室町時代はとても大切にされていた事が、刀装具から窺い知れる。 もとは二重ハバキで金鍍金を施した良いもの。 時代が下がると粗末にされてきた様に感じる。

二重ハバキを外してみると、下側の金鍍金が現れてくる。 今で言う、金メッキ。

 此れが本金の金着せならば最高ですが.


 二重ハバキ作るのには技術が求められる。


銀で一重のハバキを作ろうかと思案してみたが無理。 でも試さずに諦めるのではと。 試行錯誤。

以前に銀のハバキ作りに挑戦。

炉の温度が高く銀が溶け出した。


脇差のハバキを参考に試作にチャレンジ。 見事失敗。  銅鼓の花瓶の制作の経験で再度チャレンジ。


 今度は銀をガスバーナーでロウ付けに挑みました。


左が見本のハバキ。 此処迄仕上がれば予は満足と言う事に。 突き詰めると終わりがない。 そこまでの技量も無く。


 一応形に?、次回は切羽にチャレンジする事に。


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page