top of page

ようやく使い道が決まりました。

そり




何時も眺めているだけで、使い物なならないが。

有るところで拝見した香棚の姿が忘れられない。

 工房にある木が何とか活けせればと思いつつ。

黒田勘吉師の曰く、木に聞いてみろ。


 この変形の桑の木、木なりに活かして香棚を作ることになりました。


きのくせ、木の反り、ねじれ、じっくり木と相談しながら進めてゆきます。



 この桑も仲間入て欲しい、でもまだほかに検討中。

柱が決まり木取をしながら桑の木を色々検討して作ることに。

 古木はそれなりに味わい深く、島桑の良い感じが、桑の木の幅と、杢目をこれから選びます。

 柾目と1枚の木にコダワリ、選ぶことが大変です。

お茶事はあまり経験はありませんが、色々なご要望を戴きます。

此れからコツコツ取り組むことに。

閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page